難航していた離婚調停を、協議により早期に解決した例

im01_240

頼者の属性:年代/性別/職業/居住都市
40代 男性 公務員 関東

相手方の属性
40代女性 

別居の有無
別居中

主な争点

財産分与 養育費

弁護士の関与

バックアップ、交渉

解決結果

離婚成立。

当初求められていた高額の養育費も、一定額の減額に成功し、しかも今後の面会交流や財産分与などについても当方の意向をほぼ飲ませる形で、円満解決。

 

解決までの期間

協議期間 約2か月

解決のポイント

「離婚調停が起こされていたが、平日に出頭できないためどうしたらいいか」というご相談をいただくことがあります。

いきなり調停を起こされて対応が難しいとなっても、こちらにも弁護士をつけて協議に臨むことで、妥当な条件での解決を早期に導けたという成功例として、ご紹介させていただきます。

ある日突然、裁判所から調停の呼び出し状が届いたのですが、平日は仕事がるために裁判所に出頭するのが難しく、調停に対応できませんでした。また相手方には代理人弁護士がついており、いろいろな理屈をつけて養育費や財産分与について比較的高額な請求がされていたこともあり、ご自身だけで対応するのが難しかったという事案です。

当初は、自分でまずは交渉を頑張ってみるという事でしたので、当事務所のバックアッププランをご利用いただき、相手方との交渉や養育費の額の考え方など適正かどうかチェックをしながら、条件面の調整をお手伝いしていました。

しかし、なかなか相手方も条件で折れてこず、途中から当事務所が協議サポートをするという形に切り替え、そこからは弁護士同士の協議となりました。

事前にある程度条件を詰められていたことも幸いし、当事務所が代理人として協議をお手伝いしてから、なんと僅か2カ月で離婚合意に至るという、スピード解決を実現しました!!

ご依頼者様にも大変お喜びいただき、また当事務所としても非常に良い解決を勝ち取れたものとして、大変に感慨深い事件でした。

今後は、夫婦としてはお互い別の道を歩むという結論になりましたが、まだ小さなお子様の今後は面会交流を通じて見守るという事になっているので、ぜひとも、この事案に関わった皆様の将来が明るいことを、心からお祈りしております。

 

いきなり調停を起こされて困った、離婚の条件が妥当なのかどうか知りたい、できるだけ早く問題を解決したい。

そういったお悩みの方は、今すぐに府中ピース・ベル法律事務所にご相談ください!

 

その他の職業の最新記事

中年の最新記事

男性の最新記事

解決事例の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP