40代女性が内縁関係の夫に対して慰謝料やこれまで・今後の生活費なども含め金銭請求できた事案

im01_240依頼者の属性:年代/性別/職業/居住都市
40代 女性 会社員 都内

相手方の属性
50代男性 会社経営 都内

別居の有無
別居中

主な争点

慰謝料(内縁)

弁護士の関与

示談交渉

それまで相手の会社の仕事を手伝っていたのに,内縁の妻という位置づけだったので給料はもらっておらず,おかしいのではないかとずっと思っていらっしゃいました。内縁の解消に際して,なにか自分の権利は主張できないのかと思い,弁護士に相談にいらっしゃいました。

解決結果

示談成立

解決までの期間

約2か月

解決のポイント

内縁関係の清算にあたって,これまで受け取っていなかった生活費であるとか,内縁の夫の仕事を手伝った分に見合う財産分与的な金銭解決などをもとめていた事案です。

慰謝料や財産分与となると,結婚していても難しい問題もあるのですが,しかも内縁となると,法律的にはハードルはどうしても高くなります。

内縁は,実態は夫婦と同じなのに,戸籍上婚姻をしていない状態です。そこで,財産分与や不貞の慰謝料といった金銭的な権利は,法律上の妻と同じ水準で保護されると言われていますが,正式な結婚という手続きが無いため,「いつからいつまで夫婦同様の関係だったのか」「そもそも本当に内縁関係だったのか,ただの恋人的な同居者ではないのか」など,争点となる可能性があります。

しかしそこはそれとして,法的な請求の根拠を示して,毅然とした態度で請求をしてみましたら,相手にも弁護士がつき,結局,諸々の諸条件との調整もありましたが,二人の間の紛争をすべて解決して,お互い,新しい道を歩むこととなりました。

お金のこともありますが,保険証や通帳などといった書類を相手が持っていて,早く返してほしいけど話し合いにならないというようなケースなど,第三者的立場の弁護士が介入することで,「つまらない対立」を回避できるというメリットは,大きいように思います。

サラリーマンの最新記事

中年の最新記事

女性の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP