家庭内別居の状態の夫婦で協議離婚を成立させた事例

im01_240

依頼者の属性:年代/性別/職業/居住都市

50代・女性・パート・東京都

相手方の属性

男性・東京都(同居中)

主な争点

 離婚、財産分与

弁護士の関与

交渉

解決結果

協議離婚成立。約500万円の財産分与と年金分割の獲得

解決までの期間

約2か月

解決のポイント

同居をしている夫婦でしたが,家庭内で会話はほとんどなく,いわゆる家庭内別居の状態が長く続いていました。

しかし,離婚を望んでいる妻から,直接話を切る出すことが難しかったため,当事務所に相談にいらっしゃって,弁護士が代理人として夫との離婚条件の協議をお手伝いいたしました。

頭書は,夫も財産分与や慰謝料,年金分割などについていろいろと言い分を持っていましたが,弁護士が間に入って交渉を行うことで,相当額の財産分与や年金分割を実現し,調停などの手続きを経ることなく早期離婚が成立したというケースです。

離婚の協議の仕方というのは,やはり簡単ではありません。

裁判や調停になったとき,どのような結論になるのかという見通しを立て,そして相手を説得して双方の見込む条件まで調整することが必要になりますが,実際には,みな自分にとって少しでも有利な条件で離婚をしようと思ったり,はたまた金銭的な条件は二の次にして感情の問題として離婚を拒んだりなど,結婚期間中に生じた様々な思いが,ぶつかってしまうからです。

夫婦二人で話ができない,会話もないというケースだと,まさに協議自体が困難で,離婚問題が長引きやすい類型と言えるでしょう。

しかし,当事務所が早期に介入することによって,離婚までの必要な手順や抑えるべきポイント,そして訴訟化した際に備える証拠づくりなど,早い段階で方針を確定して効率的な準備を行うことができます。また,当事務所の持つノウハウと経験で,話のしにくい相手方とも粘り強く交渉を行い,解決に向けての道を探り出すことが可能になります。

当事務所はこれまで,府中を中心に多摩,東京の離婚問題でお悩みの皆様に,100件以上のアドバイスやお手伝いを差し上げてきました。特に家庭内別居状態で話がしにくい,離婚に向けてどう動きだしていいかわからないという方は,ぜひ,府中で離婚問題の解決実績確かな府中ピース・ベル法律事務所まで,お気軽にご相談ください。その一本のお電話が,あなたの離婚の悩みの解決の第一歩になります。

中年の最新記事

女性の最新記事

解決事例の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP