夫が浮気しているかもしれない

im01_240「もしかして,夫が浮気している・・・?」
女性のカンでピンと来ることもあるのでしょうか。
妻としては,あまり見たくない現実ですが,夫が浮気をしていたことが原因で,離婚の裁判になったりするケースは,よくあります。

どうも様子がおかしいので,こっそりケータイを覗き見してみると,なにやら自分が知らない女の人とデートの約束をしていたり,ハートマークの入ったメールを送っていたり・・・!仕事で遅いと思っていたら,若い子とデートに行っていたのか!許せない!!
・・・お気持ち,ごもっともです。
さて,夫の浮気がわかったとなると,夫婦関係の再構築を目指すのか,離婚に向けて動き出すのかを考えなければなりません。

 

ところで,「浮気」って,いったい,どこからが「浮気」なんでしょうか。

あなたが再構築を目指すにしても離婚を望むにしても,この線引きをあらかじめ知っておくことで,方針を決める重要な手掛かりになります。
というのは,法律上,裁判で離婚できるための要件は限定されています(民法770条)。いわゆる「浮気」というのは,法律上は「不貞」と呼ばれており,過去の裁判例や通説的な見解からは,「夫婦の一方が,自分の意思で,配偶者以外のものと性的関係を持つこと」とされています。

なので,たとえば夫が,一度だけ,若いお姉さんとデートに行ってお茶を飲んだだけで帰ってきた,しかもそのことを反省していて「もうしないから」なんて言って泣いて謝ってくる・・・こういう場合だと,すぐに離婚を目指すというのは,分が悪いかもしれません。

男性によくある言い訳としては,仕事の付き合いで仕方なくキャバクラに行っただけなんだよ,とか。仕事の部下(女性)が落ち込んでいたので,先輩として,飲みに誘って悩みを聞いていただけなんだよ,とか。
胡散臭い言い訳を納得できないのは人情ですが,法律的には,これだけではすぐに離婚というのは難しいでしょうね。

このように,たとえば裁判になったら離婚を勝ちとることができるのか。慰謝料はとれるのか。子供のことはどうなるのか。
こういった,先を見通したうえで,必要な手を打つこと。これがポイントになります。

当事務所では,過去の裁判例などとの比較から,どういうケースでは離婚が認められるかといった情報を提供し,夫婦の関係をどう考えるのが最もハッピーになれるかを,一緒に探っていきます。

 

・証拠は必要か?

別の項でも書いていますが,裁判で離婚を勝ちとる,慰謝料の支払い命令を勝ち取るには,やはり「証拠」が必要です。

裁判は,「証拠」に基づいて「事実」を認定し,この「事実」に基づいて権利関係を確定させるという作業の積み重ねになります。
そのため,まずは手元に「相手が浮気をしたという証拠」がなければ,費用や手間をかけて争っても,骨折り損で終わってしまうことも,少なくありません。

・・・ところで,インターネットなどを見ていると,証拠がない場合でも勝てます!証拠のない案件が得意です!などという広告を見かけたことがありますが,信用できません。どんなに敏腕弁護士でも,証拠がない争いで勝訴するというのは,鉄砲を持たずに決闘に行くようなもの,刀を持たずに果し合いに行くようなものです。勝つ見込みがないのに「勝てます!やりましょう」なんて煽ってくるのは,はっきり言って悪質弁護士です。

 

では,どういったモノが,裁判で勝つための証拠になるのでしょうか。

一概に決まっているわけではありませんが,よくあるのは,こういったモノで「証拠」が認定されることがあります。
① 二人でラブホテルに入っていくところの写真
② デートの約束のメール
③ 浮気相手と関係を持ったことについての,日記帳やブログ
④ 浮気相手とエッチをしているところの写真(最近はケータイのカメラで撮っている人も見かけますね・・・)
⑤ 話し合いの中で,浮気を認める内容の自白(反省文を書いてもらったり,ボイスレコーダーで録音したりということもありますね)
⑥ 男性特有なのでしょうが,風俗店のポイントカードや風俗嬢の名刺といった,物証。
・・・など,など。

もちろん,尾行でもしないと「現場」の写真なんてなかなか撮れませんし,相手に反省文を書かせるなんて言っても,どういう話し合いをすればいいのかなど,なかなか想像しにくいだろうと思います。むりやり「やりました」と認めさせても,裁判になると「それでも私はやっていません!」なんて開き直るというケースもあります。

どういう順番で,何から話せばいいのか。ひとりではどうしても冷静に判断することは難しくなりがちです。そんなとき,弁護士がアドバイスをすることで,冷静に,要点を押さえて「証拠集め」ができるようになります。

 ぜひ,当事務所へお越しになり,ご相談ください。秘密厳守でお話を伺います。
 浮気をした夫と離婚を目指すのか,そのためには何を準備すればいいのか。慰謝料は。親権は。
 ご自分のことだけに,自分だけでは解決できない問題もあります。かならず,弁護士がお力になれます。
 
ところで,浮気の証拠を手に入れるために,いわゆる探偵に依頼をするという方もいらっしゃいます。

私自身は探偵業界の内情は知りませんが,これまでの経験でいえば,探偵に頼んだらなんでも手に入る,というわけではありません。そして,裁判所に提出するに堪えるだけの信用性の担保された報告書も,必ずしもすべての探偵会社が作ってくれるとは限らないように感じています。

もちろん写真やレポートなど,探偵経由で入手できる証拠で,浮気を立証できるし浮気相手の素性も知れたというケースもありますから,絶対に使うべきではない,とは言いませんが・・・

まあ,一般論としては,「探偵を使ったらどうでしょうか」と聞かれたら,「慎重に検討してくださいね」とはお伝えすることが多いです。

 

 

不倫・不貞・浮気でお悩みの方、慰謝料請求という方法があります。

浮気の疑いがある・・・

妻が浮気しているかもしれない

夫が浮気しているかもしれない

あなたができること

慰謝料とは

不倫相手への慰謝料請求

内縁破棄の慰謝料請求

既に請求を受けている・・・内容証明を送ったが・・・

慰謝料を請求されたら

取り組む上での費用

慰謝料請求をする場合/受けた場合の弁護士費用


ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP