ピース・ベルのサポートメニュー(弁護士費用)

相談プラン ・・・ 初回相談 無料

・2回目以降の相談 30分5000円

離婚の流れや方針など,どんなことでもご相談ください。初回相談は無料です!
※ただし,2回目のご相談から各種サービスに移行した場合は,ご相談料はサービスいたしますので,実質無料です。

 

顧問サービス ・・・ 5万円

こんな方にお奨め   まだ相手に離婚を切り出していない、離婚するか迷っているとりあえず,
           いろいろなことが相談できる弁護士がいると心強い

3ヶ月間お好きなまでご相談できます。その後は1ヶ月2万円で更新可能です。

 

 

バックアッププラン ・・・ 3万円/月

こんな方にお奨め 全部自分でやりたい、委任していることが相手からまだ分からない方が良い場合

あなたの状況に合わせて弁護士がいつでも対応。

離婚手続きのフォローや協議書のチェックなど,最適なアドバイスを行います。

 

 

 

離婚協議書作成 ・・・ 5~10万円

こんな方にお奨め 相手と離婚について合意している、条件面でも折り合いがついている

弁護士が法的に効力のある協議書にまとめます。

 

 

協議代理プラン ・・・ 着手金 25万円 + 報酬金 25万円

こんな方にお奨め とにかく早く現状に決着をつけたい、相手と直接話せない、裁判所など大事にしたくない

経験豊かな弁護士があなたに代わり(代理し)交渉をまとめます。

 

 

調停代理プラン ・・・ 着手金 30万円 + 報酬金 30万円

こんな方にお奨め 既に調停にいたっている/申し立てられている、相手が何か隠している

調停委員などとの駆け引きなどプロがあなたの代わりに調停で話します。 

 

※協議サポートから調停サポートに移行した場合は,追加着手金10万円で調停をサポートします。
※※調停出頭回数が5回を超える場合,1期日ごとに2万円の日当が発生します。
※※※調停による離婚成立時に,金銭的な請求(財産分与,慰謝料など)がある場合には,獲得できた経済的利益の15%をお受けします。

 

 

訴訟代理プラン ・・・ 着手金 40万円 + 報酬金 40万円

こんな方にお奨め 裁判になってしまった、いかなる譲歩も考えられない、

裁判こそ弁護士の出番。あなたの気持ちを法廷で代弁します。

 

※調停から訴訟に移行した場合は,調停の報酬は発生しませんが,着手金が10万円追加となります。
※※出頭回数が5回を超えた場合,1期日ごとに2万円の日当が発生します。
※※※訴訟による離婚成立時に,金銭的な請求(財産分与,慰謝料など)がある場合には,獲得できた経済的利益の15%をお受けします。

 

 

 

不貞の慰謝料請求

慰謝料請求するケース

着手金 15万円 + 報酬金 獲得金額の15%

※事件解決後、別途回収した金額の15%を報酬金として請求致します。
※訴訟での解決を進める場合は、追加着手金を15万円お受けします。実費等に追加費用につきましては、ご契約の前に必ず、十分にご理解いただくようご説明させていただきます。

 

慰謝料請求されたケース

着手金 20万円 + 報酬金 減額の10%

※300万円以上の請求額の場合は300万円以下に減額を成功分のみ、報酬算定の基礎とさせていただきます。

計算例:1000万円の慰謝料請求をされたが、100万円に減額成功したケース

 ☞着手金20万円報酬額20万円300万円ー100万円=減額分200万円の10%

 

 

強制執行

必要に応じて行使します。強制執行を行う場合は、ご相談の上、実施について決定しますが、追加の費用をいただくことが多いです。

 

アフターケアサービスプラン

請求成立後も当事務所でご提供するサービスを利用する場合は、こちらでの対応となります。別途ご相談ください。

 

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP