離婚に向けて不備がないか相談したい男性の事例

【性別】男性
【年代】40代
【分野】協議離婚
【内容】
離婚に向けて,妻と話をしている。だいたいの条件は折り合えているが,不備が無いか,あとでもめ事が蒸し返されないかなど不安もある。
【回答】
離婚協議書を作成し,慰謝料や財産分与などの取り決めをしておくのが良いでしょう。
公正証書を作るという方法や,自分で作った協議書にお互いに署名押印するという方法も,一応は有効でしょう。

協議書作成のみを弁護士がお手伝いすることもでき,この場合は,弁護士費用は1件10万円となりますので,費用を比較的安く抑えることもできます。

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP