30代女性が不貞相手の妻から慰謝料請求を受け一切の支払いを不当できた事案

im01_240依頼者の属性:年代/性別/職業/居住都市
30代 女性 会社員 都内

相手方の属性
40代女性,専業主婦,都内在住

別居の有無
同居中別居

主な争点

夫の浮気相手に対する慰謝料請求。

弁護士の関与

交渉を受任

解決結果

金銭請求を否定(さまざまな交渉をし,相手に慰謝料請求をあきらめさせました)

解決までの期間

約2か月

解決のポイント

妻子ある男性と一夜の関係を持ってしまったという方が御相談者さまで,その相手の妻から,慰謝料請求を受けてしまいました。

しかし,その額が非常に高く,通常の水準では考えられないような請求をされてしまっています。不倫の相手の男性が,かなり有名な大企業に勤務している人であり,もしかしたら生活水準や金銭感覚が,私のような庶民より高級だったのかもしれませんが,別に医者や政治家,会社役員というような特殊な職業でもなく,ただの,大会社のサラリーマンです。

しかも相手には当初から弁護士がついており,ある日突然,弁護士から内容証明郵便で慰謝料支払いの督促が来ました。気が小さい方であれば,いわれるがまま高額の支払いをしてしまうかもしれない事案でしたが,督促が来てから早めすぐに相談にお越しいただき,「確かに不倫をしたのは褒められたことではないが,だからと言って不当要求に応じる必要はない」という考え方をご理解くださり,事件のご依頼を頂きました。そこから私と相手との弁護士間での折衝が始まりました。

金額の交渉には,事件の諸々の事情を述べて(私なりのテクニックを駆使して)主張したりするため,その内容をこの場で明らかにすることができませんが,こちらにもそれなりの準備があるのだという事をのアピールできたのでしょうかに成功し,結局,相手は請求をあきらめて,こちらも慰謝料を払わずに解決した格好となっています。

サラリーマンの最新記事

中年の最新記事

女性の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP