【解決事例】慰謝料請求をしてきた相手から財産を勝ち取った事例

im01_240

依頼者の属性:居住地域/年代/性別/職業

東京都内/50代/女性/パートタイマー

相手方の属性

東京都内/50代/男性/正社員

解決までの期間

約6カ月

 

解決のポイント

この事案は,夫が妻の不倫を疑い,妻に対して離婚と慰謝料の請求をしてきたというものです。依頼者である妻は,離婚したくないという意向でありましたが,証拠を見てみると,裁判になった場合,離婚が認められてしまう可能性が高いという状況でした

そこで,弁護士の提案で,離婚できるか否かという主戦場を設定するのではなく,離婚するとしてもなるべく多くの財産を取ろう,という方針を採ることにしました。

その結果,早期に協議離婚が成立し,妻は,慰藉料を支払うことなく,夫から複数の不動産を取得することができました。

離婚調停では,何をメインに主張するかによって,まったく異なる調停が進行することになります。もし,この事案で,当初の方針を貫き,離婚したくないという主張を続けていたとしたら,調停は成立せず,裁判になっていたでしょう。そして,裁判が終わるまでの長い間,紛争が解決せず,今回実際に勝ち取った結果以上のものを得ることも難しかったでしょう。

裁判の経験がない方は,裁判になったときに予想される結果を踏まえて,現在どのような戦略を採るのが最も利益になるのか,ということをイメージすることが難しいかと思われます。また,不倫が疑われ,慰藉料を請求されているにも関わらず,こちらから財産をよこせと主張することなどできないのではないか,とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,問題を法的に整理し,適切な戦略を採ることで,思いもよらぬ良い結果がついてくることもあるのです。

相手から離婚や慰謝料等を請求されてしまった時,自分一人で悩まず,ぜひ一度,府中ピース・ベル法律事務所に足を運んでみてください。私たちは,依頼者の方の利益が最大となるよう,精一杯努力することを約束します。

当事務所では、みなさまの離婚問題をお手伝いする方法を、様々なプランで柔軟にご用意しています。

府中ピース・ベル法律事務所では,弁護士が年に100件以上の離婚や慰謝料の相談に対応しており,弁護士の事件処理経験数としては豊富なものがあります。離婚にお悩みの府中・多摩・東京にお住まいの皆様へ,きっと弁護士からの法的アドバイスを行い,出口の見えない紛争の解決の道筋をお示しできます。

府中で離婚に関する弁護士をお探しの方は,ぜひ一度,府中ピース・ベル法律事務所の弁護士にお問い合わせください。

サラリーマンの最新記事

中年の最新記事

女性の最新記事

熟年の最新記事

男性の最新記事

解決事例の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP