【解決事例】早期の面会交流を実現した事案

 

im01_240

依頼者の属性:年代/性別/職業

30代/男性/経営者

相手方の属性

30代/女性/主婦

 

 

解決結果

調停申立から約2カ月で面会交流,約3カ月で離婚成立

解決のポイント

 

1 本件での経緯

本件は,夫婦が別居してから1年弱の間,夫とお子様との面会が実現できていないという状況で,依頼者である夫の方は,とにかく早くお子様と面会したいとの希望でした。

弁護士同士が早期に面会交流について連絡を取り合い,調停が申し立てられてから約2カ月後,調停が成立する前に,面会交流を実現することができました。

2 面会交流における交渉について

面会交流を実現するためには,単に夫婦間で面会のスケジュールを決めればいいというものではありません。夫婦間の心情への配慮,お子様の引き渡しの方法,具体的な面会の時間場所,親から子へのプレゼントの有無(面会する親が子の関心を引こうと高額なプレゼントをすることが問題となる場合もあります)等,細かな部分まで行き届いた協議が必要です。

少し極端な例ではありますが,離婚調停では,養育費や慰謝料を支払わない限り,面会交流に応じない,という方法をとる当事者の方もいらっしゃいます。当事務所としては,そのような方針を採ることには強く反対するところですが,面会交流を行うには相手方当事者の協力が不可欠であるため,現実にそのような方法を相手にとる相手にたいしても,合理的な根拠をもって説得しなければなりません。

上記の面会交流に伴う問題の解決には,弁護士による交渉が不可欠といえます。当事者本人が協議することもありますが,どうしても感情的になってしまう部分もあり,これでは解決するものも解決しません。また,面会交流だけでなく,養育費や慰謝料等の問題全てを視野において交渉する必要があり,調停の場で臨機応変に対応することは,調停の経験がない方にとっては難しいところもあるかと思われます。

3 お子様に会いたい皆様へ

本件では,依頼者である夫の方が,別居してからやや時間が空いてから,当事務所に受任するという経緯がありましたが,もっと早く相談していれば,それだけ早く面会交流が実現できたのではないかと考えています。もしあなたが,一刻も早く別居してしまったお子様に会いたい,と思っているのであれば,ためらわず当事務所までご連絡ください。あなたがお子様とお会いするため,精一杯お手伝いをさせていただきます。

 

当事務所では、みなさまの離婚問題をお手伝いする方法を、様々なプランで柔軟にご用意しています。

府中ピース・ベル法律事務所では,弁護士が年に100件以上の離婚や慰謝料の相談に対応しており,弁護士の事件処理経験数としては豊富なものがあります。離婚にお悩みの府中・多摩・東京にお住まいの皆様へ,きっと弁護士からの法的アドバイスを行い,出口の見えない紛争の解決の道筋をお示しできます。

府中で離婚に関する弁護士をお探しの方は,ぜひ一度,府中ピース・ベル法律事務所の弁護士にお問い合わせください。

主婦の最新記事

経営者の最新記事

解決事例の最新記事

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

PAGE TOP